読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アップデートしたmini proの再root化

 先日、ネットを漁っていたら、mini proのアップデート情報を発見。ただし、更新点はANT+による通信機能の追加ということで、特段必要な更新ではなく、うっかりアップデートなどすると、折角取ったrootが解除されてしまうおそれもあったので、スルーしようと思っていました。
 ところが、しばらくするうちにそんなことを考えていたこと自体をすっかり忘れ、「そういえばアップデート来てたな」という所だけを思い出して、深く考えずにアップデート(^^; いやまあ、実際には、アップデート作業途中で「root解除されるかも」と気づいたのですが、作業を中断すると弊害があるかもしれないと思ったのと、もしrootが解除されても、それはそれでネタになるかなと(^^;
 で、アップデートは無事終わったのですが、予想通りroot化は解除されてしまいました(^^; 変更したフォントも元に戻っています。フォントだけでも変更したままならそのまま使えたんですけど。
 ちなみに、アップデート後のビルドナンバーは、2.0.2.A.0.24。
 なお、私のmini proは本体からアップデート用ネットワークに接続できなかったため、PCに接続してPC Companion経由でアップデートしたのですが、ネットの情報によると、本体だけでアップデートすれば、rootedは解除されないようです。


 さて、どうやって再root化するか。
 最初は、以前root化するのに使ったz4rootを使ってみたのですが、残念ながらうまくいきませんでした。そこで、ネットで情報を集めてみると、こちらで紹介されているxdadevelopersのこちらのページ

 New Rooting method for 2.1 | updated for 2.0… | Sony Ericsson XPERIA X10 | XDA Forums

に、rootme.tar.bz2かSuperOneClickv1.5.5-ShortFuse.zipを使うといいとの情報が。
 rootmeはリンクが切れているようだったので、とりあえずSuperOneClickをダウンロードして解凍し、mini proをデバッグモードでPCに接続してSuperOneClickを実行、「root」を行ったところ、無事mini proがroot化されました。
 drocap2もClockSyncも無事起動。

 こちらの情報によると、この方法でrootedできたりできなかったりするようなので、幸い一発で成功して助かりました。


 その後は、前にも行ったこちらの方法により、フォントをモトヤマルベリに変更。


 これでまた幸せになれそうです。