読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Chromeの表示フォントを綺麗にする

 VAIO P、高精細なのはいいのですが、高精細すぎてメイリオフォントが細くて見づらく(^^; より見やすいフォントをということでMigmix 1PとかMigu 1Mなどを入れてみたのですが、クリアタイプが適用されず、アンチエイリアス表示がなされずにジャギーが目立ってしまいます。まあ、それでも太くなったので見やすくはなったのですが、できればジャギーをなくした綺麗な表示にしたい。

 ググってみたところ、gdippというのを入れると、Windows自体のクリアタイプ機能をフックして、独自にクリアタイプ表示してくれるようになるとのこと。
 インストールしてサービスを開始させたところ、エディタなどの表示は確かに綺麗になりましたが、なぜかChromeだけは元のギザギザのまま。


 何とか解決する方法はないのかと思い、ググってググってついに見つけたのが、chrome flagsという試験運用機能設定画面。ほとんど隠れキャラ探しのノリで、アドレスバーに「chrome://flags」と入れると、その画面が開きます。

 その中に「GPU アクセラレート キャンバス 2D」というのがあるのですが、これの設定を変更するとgdippChromeにも適用されるようになるようです。ちなみに、うちのVAIO Pはこれが無効になっていたので「有効にする」にしたところ、Chromeの表示にもアンチエイリアスが適用されるようになりました。


 ところが、喜んだのもつかの間、今度はいくつかの文字の上に横線が表示されるようになってしまいました。しかし、これは結構有名な話らしく、軽くググっただけで解決。Text-Shadowというのがきちんと表示されなくなるのが原因だそうで、Chromeのカスタムスタイルシート

C:\Users\ユーザ名\AppData\Local\Google\Chrome\User Data\piyo\Default\User StyleSheets\Custom.css

に、

 *{text-shadow:none !important;}

と書いて、Text-Shadowを強制的に使わない設定にすることで、無事横線は表示されなくなりました。

 一応備忘録としてメモしておきます。