読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Android Wear 2機種を買ってみた

 GoogleのスマートウォッチであるAndroid Wearが発売になったということで、早速購入しました。しかも、LGのG WatchとSamsungの Gear Liveの両方(^^;

 当初の予定では、G Watchは7月4日、Gear Liveは7日の発送予定ということでしたが、蓋を開けてみたら、両方とも4日に発送され、仲良く7日の午前中には届きました。海外からの発送なのに、僅か数日で届くとは素晴らしいです。

 開封の儀はツイッターでやったので省略(^^;

 本来であれば、ここでAndroid Wear自体の使い勝ってとかについて書くべきなのかもしれませんが、そういうのは他でやってると思うので、あえて割愛(^^;

 ということで、とりあえず、それぞれ使ってみた感触を書きたいと思います。

G Watch

 ある意味ぶっきらぼうな四角い形状ですが、同じLGということもあって、Nexus 5にしっくりくるデザインは、こちらのような気がします。
 初期の画面はやや暗めですが、輝度が3に設定されているからなので、設定をいじればもう少し明るくなります。ちなみに、直射日光の下では、画面はかなり見づらいです。解像度は、G Watchの方がやや低いのですが、実際上はあまり気になりません。
 ちょっと残念なのは、センサー感度が低めに設定されているようで、腕を傾けても画面がオンにならず、起こすにはタップしなければならないことが多いこと。さらに、画面タップの感度も低めのようで、何度かタップしないと反応しないこともしばしば。まあ、画面がオフでもモノクロで時間表示はされるので、時計として使う分にはあまり問題はありませんが。
 重量は、持った場合にはそうでもありませんが、腕に付けるとそれなりにずっりしきます。まあ、慣れられない範囲ではないかとは思いますが。
 ベルトは、Pebbleと同じタイプ。一般的なベルトの形状なので、はめにくいということはありませんが、材質上厚みがあるせいか、腕を机に置いた時などに、若干邪魔かなと感じるときもあります。
 それから、バイブについて。これはGear Liveにも言えることですが、若干弱めです。
 充電器は乗せるタイプ。磁石が内蔵されているようで、ぴたっと貼り付きます。なお、充電器の裏側の保護フィルムを外すと粘着式になっているので注意が必要です。
 電池のもちは、朝つけて夜外すまで、半分くらいの消費。まるまる24時間くらいはもちそうな感じです。

Gear Live

 アナログタイプの独自のウォッチフェイスが特徴。デザイン的には、G Watchより洗練されている感じはあります。
 一見、G Watchより明るめの画面ですが、初期設定の明るさがG Watchより明るいからということもあります。直射日光下で見づらい点は、G Watchと変わらず。
 また、G Watchに比べるとセンサーの反応は機敏で、ちょっと腕を傾けるだけで画面がオンになるのは便利。 
 カタログ値の重量は、G Watchより若干軽いところ、確かに腕に付けた時の違和感は、G Watchより少ない気がします。
 ベルトは、SONYのSmart Bandと同じく、2つのピンを穴に入れて止めるタイプで(材質が同じかは不明)、あまりはめやすいとは言えません。しかし、ベルトの厚みがG Wathより薄いこともあり、机に当たった時の違和感は、思ったより少ないです。なお、ツイッターでGear Liveは自立しないと書いたのですが、これは誤りでした。ベルトの付け根が見た目以上に鋭角的に折れ曲がるので、自立させることができます。
 前述のとおり、バイブは弱め。また、Gear Liveだけの特徴として、脈拍計が付いていますが(手首側である裏側にセンサーあり)、常に測れるというものではなく、心拍数アプリを実行して測定する必要があります。
 充電器は、はめ込んで固定するタイプ。本体両側面に窪みがあり、そこに爪を引っ掛けて止めます。なお、Gear LiveにはACアダプタは入っていないので(充電台とUSBケーブルのみ同梱)、別途用意する必要があります。
 電池について、カタログ値的にはG Watchより少ないですが、実際使ってみた感じでは、若干減りが速いかなという程度。どちらにしても丸一日は十分もちそうです。

比べてみて

 数日比較しながら使ってみた結果、個人的にはGear Liveの方が気に入りました。若干ではありますが軽い点、作業時に比較的バンドが邪魔にならない点、センサーの反応がいい点などがポイントとなりました。しかし、G Watchのバンドは変更ができるようですし、センサーの反応なども今後のアップデートで変わる可能性もありますから(あえて反応が悪い方がいいという場合もあるでしょうし)、大きな差とは言えないかもしれません。
 ちなみに、価格はGear Liveの方が若干安いですが、前述のとおり、ACアダプタが入っていないので実質変わらないかと。


 取り急ぎ、皆様が購入する際の参考になれば幸いです。