読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

久々にdynabook AZをいじってみた

 Ubuntu 11.10が公式対応した際にインストールしてみたものの、そのもっさりさ加減にそのまま放置状態にしていたdynabook AZ。後は朽ち果てていくだけかと思っていたのですが、ネットやツイッターでちょっと面白い情報があったので、久しぶりに火を入れてみました。

Ubuntu 12.04対応


 まず一つ目はUbuntu 12.04LTSが正式公開され、今回もdynabook AZ用のイメージが用意されたこと。
 入れてみた方の話をネットで見ると、どうやら11.10よりも幾分かもっさり感がなくなっているとのことだったので、それなら使い物になるかもと思い、インストールしてみました。
 インストール方法は、11.10と同様、こちらのサイトからboot.imgと本体ファイルをダウンロードし、boot.imgはnvflashで書き込み、本体ファイルはそのままSDカードに入れてAZに差し込み。起動するとSDカードの内容が書き込まれます。
 入れてみた感じでは、確かに少し軽くなった気がします。アプリの起動も、まだまだ待たされますが、起動してしまえばそれなりに使えます。最近、LOOX Uで遅いPCにも慣れたということもありますが(^^;
 ところが、これならUbuntu運用でもいいかなあと思っていた矢先、ツイッターから凄い情報が流れてきました。

第3のIME、日本語フルキーボード for Tablet


 今まで、dynabook AZについては、標準で搭載されているFSKARENと、SKKというIMEしか使えない*1とされてきました。しかし、ここに来て新たなIMEが登場したのです。それがこの日本語フルキーボード for Tabletです。
 詳しい仕組みは分かりませんが、アプリの設定で半角/全角をShift+Spaceなどに割り当てれば、日本語入力が可能となるとのこと。
 タブレット用と銘打っているのに、AZのようなキーボードマシンに対応してくださるとは素晴らしい。
 ということで、せっかくUbuntu12.04にしたのですが、今度はロシアンv4b ROMを焼き付け、再びAndroidマシンとして復活させました(^^;
 で、実際にインストールして使ってみたところ、確かにちゃんとIMEがオンになって、日本語が入力できます。これは本当に素晴らしい。
 変換エンジンにはOpenWnnを使っているとのことで、FSKARENよりはよほどまともに文章が入力できます。
 ただ、残念ながら処理が少しもっさりで、私が入力する速度ではキーの取りこぼしやキーを押した順番が入れ替わるなどの現象*2が発生してしまうため、必ずしも快適に入力することはできません。今もこの文章をこの環境で打っていますが、結構つらいです(^^;
 予測変換&候補表示を切ってもあまり変わらない気がします。逆にあえてそれらをオンにした方が処理状況が目で見えるため、精神的に安定して入力できるような気がします(^^;


 もう少し速度が上がれば常用できるかもしれませんが、現状ではちょっと厳しそうです。
 仕方ないから、もう一度Ubuntu入れ直そうかなあ。

*1:Android3.0ベースのROMを導入するという方法はありますが。

*2:厳密に言うと、二つのキーが連続して押される際に、速く押しすぎて両方のキーが同時に押される状況が発生すると、二つのキーが押された順番が無視され、一定の順番で文字が入力されてしまうようです。例えば、「お」と「う」を素早く連続して打つと、「うお」と入力されてしまうことが多々あります。