読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SONY MDR-EX300というイヤホンを買った

DTM

 先日買った2,000円イヤホンのSHE-9700、まあ、悪くはないのですが、使っているうちに、やはりちょっと高音の伸びが物足りないかなあ、などと少々欲が出てきました。
 そこで、安くていいイヤホンがないかとネットをさまよっていたところ、SONYのMDR-EX500というのがいいらしいとの情報が。

 

SONY カナル型イヤホン ブラック MDR-EX500SL/B

SONY カナル型イヤホン ブラック MDR-EX500SL/B

 確かに比較的安いですが、それでもまだちょっとやや高め。買おうかどうか暫く悩んでいたところ、EX-500の廉価版でMDR-EX300というのがあることを知りました。

 

SONY カナル型イヤホン ブラック MDR-EX300SL/B

SONY カナル型イヤホン ブラック MDR-EX300SL/B

 Amazonの評判を見ると、こちらもそれほど悪くなさそうだったので、こちらを購入。


 使ってみたところ、なかなかいい感じです。SHE-9700より高音部がくっきりしていて、音が明るい感じがします。低音部もきちんと出ていますし。

 ちなみに、このイヤホン、密閉型バーティカル・イン・ザ・イヤー方式(長い(^^;)といって、音を出すドライバーユニットを、耳に対して垂直に配置する形が採用されています。
 使ってみるまで、この形ってどうなんだろうと思っていたのですが、実際に使ってみると結構いいです。通常のイヤホンでは、低音部の振動が耳の手前から奥に、ある意味自然な形で伝わりますが、このイヤホンでは、低音部の振動が前後に伝わるため、イヤホン自体も前後に振動し、それが耳に伝わることで、耳全体が大きく振動します。結果、低音部の振動をダイナミックに感じることができます。

 ただ、私の場合、最初のうち、このドライバーユニットの形状の問題か、長時間装着していると、ちょっと耳が痛くなってしまっていましたが、最近はだいぶこなれてきて、痛むこともなくなりました。


 安いとはいえSHE-9700の倍はしますが、それだけの価値はあるかなあと思います。